足底板の研修会に参加して

2019.12.03

11月23、24日に福岡で開催された足底板の研修会に参加してきました。

 

足底板は靴の中敷き部分に設置して使用し、主に歩行動作を中心に身体機能向上を図っていきます。

入谷式足底板では、個人の足の型をとるだけではなく、実際の歩行を確認しながら最も患者さんにあった荷重位置を評価し、作成していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院にも膝や腰など、歩行に伴う機能障害や痛みの訴えのある患者様も見えられています。今回学んだことを生かしながら、そのような方々に対して治療の一助になればと思っています。

 まだまだ勉強中ですが、これからもさらに知識と技術を高めながら精進していきたいと思います。

 

理学療法士 北島和幸

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップ